絵の複製

今、絵の複製というと、
まずはコンビニ・コピーでしょう。

原画とコピーを並べて比べると、
うーん、と、ならないではありませんが、

ちょっと以前まで、
カラーコピーどころか、白黒コピーだって、
専門のお店にごめんくださいと頼みに行くような、
大事件の依頼だったのです。

コピーでそれですから、ラミネートなんてもう…、
たった一枚だけ、恥を忍んで頼みに行ったことがあります。

…やばい。
そうしてラミネートしたものは、今どこにあるんだ?
しまいこみすぎて、憶えてないぞ!

コピーでもスキャナでも拾えないような
緻密な絵を複製したいとなると、
絵画専門の写真会社にお願いして、
写真撮影することになるようです。

このあたり、私はあまり詳しくありませんが。

ゴッホをどう複製するか、
という解説を読んだことがあります。面白かった。

まずはキャンパスを古びて見えるよう加工して、
絵具は「それ専用のもの」を手に入れて、

精密に模写した絵をオーブンに入れて、
一定の温度と時間で焼くと、
劣化して当時の絵に見えるようになる…だったかな。

…。

複製とは言わないですね。

続きを読む