格安航空に暗雲が

2012年の就航以来大人気のpeach航空ですが今日の夕方に驚きのニュースが入った。

それは機長の病気でかなりの欠航便が出る事になったのです。

予約している人は返金をする事も出来るそうです。

欠航便を見ていると千歳線や福岡線がかなり欠航便が多いそうです。
ちなみに鹿児島線は少ない方でほとんどが6月に集中しているので楽な方になります。

この様な事が起きた影響には厳しいフライト日程が詰まっていた可能性があるのです。

普通の航空会社は1時間ほどの休憩がありますが、格安航空などは滞在時間が30分しかないのです。
その間にCA(キャビンアテンダント)などは座席の掃除をしたり準備をしているので忙しいのです。

最近は沖縄や韓国など日帰りで楽しむ人が多くなったのです。
格安航空が出来た事で節約が出来たと思われています。

しかしながら機長さんが病気で不足になって欠航便が増えた事で影響は出る思わなかったのか疑問を投げかけています。

キャビンアテンダントが注目していく中、機長はベテランでなければ採用はしないそうです。

新卒でもまずは訓練が必要となっているので時間がかかっているのです。
そこで他の会社にも雇うしかないのです。

7月の搭乗を予定している人はメールの確認が必要なのです。
乗る便によっては欠航便が出るので要注意です。

格安航空の落とし穴が最近、見つかったような気がしました。

ミュゼ多摩店

続きを読む