今年は年内で決まる

今年のサッカーの天皇杯が開幕が早いのです。

7月に開幕をするそうです。

いつもの年より都道府県の代表決定戦が各地で開幕をしているのです。
なお、J1、2は2回戦以降に出場なのでまずは免除なんです。

でも、J3やJFL(日本フットボールリーグ)は都道府県の決定戦に出場なので大変だと思いますが、ここはプロの意地は見せて欲しいと思っています。
ただ、AC長野バルセイロは前回のアマチュアデカゴリーの最優秀成績チームの為に出場が決まっているそうです。

この時期は国内リーグはヤマザキナビスコ杯で試合をしていまして海外ではワールドカップブラジル大会が盛り上がっている頃だと思います。

アマチュアはJ3やJFLも含まれるので負けられない試合があると思っています。
ほとんどがトーナメント方式なので一発勝負なのです。

代表決定戦は強豪高校や大学も出場するので真剣になるそうです。

県代表はどこまで行けるのか天皇杯の楽しみでなのです。

昨年は長野が番狂わせをしたことで今年も出場が決まったそうです。

毎年ですが正月に決勝戦は行われていましたが、今年は元旦決戦はないそうです。

と言いますのも国立競技場が改修工事を始める事で利用が不可能となりました。
また、ワールドカップブラジル大会が終わってから初めての国際大会が年明けに始まる事で早まったそうです。

決勝の舞台は横浜になるそうです。
しかも年内で日本一を決めるので早く感じています。

今後は毎月のように試合はあるそうでJリーグが終盤戦になるので忙しいと思われています。

特にヤマザキナビスコ杯も同時進行なので進んだチームはもっと大変になると思います。

夏に開幕をするので体力が大変になりますがナイターだと楽になると思います。
これから大変な時期に組み込まれたので体力が勝負になっています。

来年以降はどうなるのか気になります。

続きを読む